温泉も楽しめる日帰りスキー

首都圏からの日帰りスキーの場合、雪質やコースのバラエティ感にこだわると、ごく限られたエリアになってしまいます。

とことん滑りたい本格派スキーヤーも、たまには日帰り旅そのものを楽しむ感覚でスキー場を選ぶのも良いものです。
スキーは、到着してすぐに滑り始められるものではなく、まずウェアに着替えてロッカーに荷物を納め、重いブーツで板を持ってゲレンデに出てリフト券を用意するといった感じで、滑走前にまず一仕事という雰囲気があります。



女性の場合、ゲレンデの紫外線を防御するための念入りなお化粧があるのでなおさらです。
滑走前は逸る気持ちで支度ができますが、一日心ゆくまで滑り終えていざ帰り支度となると、疲れ切った身体にムチ打って着替えや板の収納に臨まなければなりません。
そんな時、ゲレンデに温泉施設が隣接していたら、着替えを兼ねたリフレッシュが可能です。

日帰りスノボの情報を幅広く扱っているサイトです。

温泉地のスキー場は、スキーヤーに温泉も楽しんでもらえるようレストハウスなどに入浴施設を併設しているところが多く、日帰りスキーヤーも利用できる温泉リゾートホテルなどもあります。

日帰りバスツアーによっては、リフト一日券と共に温泉入浴券もセットになったお得なものもありますので、ネット検索などで探してみましょう。

オンリーワンの日本経済新聞の情報ならこちらで掲載されています。

マイカーでの日帰りスキーの場合も、スキー場やゲレンデ前のホテルが企画している温泉とのセット券が販売されていることがあります。


温泉リゾートに隣接しているスキー場は、首都圏から日帰りで行ける範囲に意外に多く点在しています。無理なく行ける範囲でいくつかピックアップして、お得なツアーを探してみましょう。


top